読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かじかのつぶやき

絵を描き 写真を撮り 本を読み 猫と遊ぶ ときどきお仕事な日々。。。

つながっていくこと

いきなりですが、LINEデビューしました(笑)
皆様はもう、とうの昔にユーザーではないかと思われます。
え?違うって?
調べた訳ではありませんが、
LINEユーザーというのは、私よりもずっと若い世代でウケているのではないかと思います。
端から登録しようと言う気がなかったので、どういう機能があって、どんだけ便利なのか、などまるで知らずにおりました。
いわゆるチャットみたいなメッセージ交換アプリだとばかり思っていて、私は元々チャットって興味が持てず、メールのやり取りで充分じゃね?ぐらいにとらえていました。


それが一変したのは、つい先日の事。
Twitter で知り合い、2年前からFaceBookでも交流しているYaccoさんから、FaceBookMessengerにメッセージが届きました。

「ちこさん(私はTwitterでChicoと名乗っているので、彼女はちこさんと呼んでくれます)、LINEやってます?」

その一言に、
普段はどんくさい私でもなにかこう、ただならぬ「何か」を感じ、返信をする前に急いでググル店に行ってLINEアプリをダウンロードして来ました。

がしかし、当たり前ですが、ダウンロードしただけではLINEアプリは使えません。
新規登録して、色々と設定もいないとイカン。
登録したら、いきなり「友達」欄に友達がおる!!\(◎o◎)/!
コレはメールのやり取りがあった人でなおかつLINEユーザーだと自動的に表示されるんか?
それはまー置いておいて、今度はYaccoさんを友達に追加せねば!!!

それについては、YaccoさんからIDのQRコードを送ってもらったので簡単に出来ました。

はー、一安心だ!!v( ̄∇ ̄;)v あとはトークっての?メッセージを交換すればヨロシ♪

とゆうか。
私はその時点でもまだ、LINEの機能は「Messenger」のみだと思っておりました。

夜になり。
Yaccoさんからメッセージが来る頃だよなー、と思っていたら、かたわらに置いたタブレットが、
「チンチロリン♪」と鳴っとる。おお、来たきた、と思ったら・・・・

「もしもし?ちこさん?」

えーっっ!!!Σ(; ̄□ ̄ノ)ノ タブレットが喋った!!!!!

そうです。
LINEは通話機能もあるって事に、この瞬間まで気づかなかった私です。
しかも私は、BlackberryAQUOS TABの2台持ち契約なので、電話機能はBlackberryのみ付けて、タブレットの方はメール&ネットだけ、つまり電話としての機能はつけていないのです。
だから、どこから声が出てるのか、どこから声を拾ってるのか、さっぱり解らない!!!
大きな画面に耳を寄せ、(あ、こっから声が聞こえてくる・・)と発見し、集音マイクはどこやねん?とひっくり返したりディスプレイを隅々まで眺め回して、おそらくコレだ!と思われる小さな「穴」に向かってしゃべり、傍からみたらかな~~~り間抜けなスタイルで会話をする事となりました(笑)

どんな内容の会話になったかは、Yaccoさんのブログをご覧下さい。

そう、とても不思議な体験をしたのです。
今でも、説明するのが難しい・・・
でもそれは私にとって、と言うよりYaccoさんにとって、とても意味のある内容でした。
ハードな状況が続く日々に、勇気を与える事になりました。

私自身は何もしていないけれど、私の見た夢が誰かを励まし助ける事になるなんて、夢を見た本人の私までもが幸せな気持になれました。

それだけではなく、色々と思い出して行くと、他にも偶然がいくつも重なっていて、
ああ、私はまさに「呼ばれた」んだなあと実感しました。

その一つ目の偶然↓↓

「引き寄せ本」というと、正直もぉうんざりするくらい(笑)、書店には沢山並んでいます。
私は6~7年前に読んだ「TheSecret」と、ヒックス夫妻の定番本で充分だと思い、その後に沢山出た本には殆ど興味がありませんでした。
が、この本には何故か何故か、すごく惹かれて、買ってしまいました(・_・;)
読んで見ると、これまで読んできた「引き寄せ本」は一体何だったの?と言うくらい、解りやすくて納得行く内容でした。いやー、出逢えて良かった!
どんくさい私も、たまには直感が効くようです(笑)

この本を著した方とYaccoさん、FB繋がりがありました。
3月9日にはYaccoさんが主催した阿部敏郎さんと村上教授のコラボ講演会があり、私と加トサンも参加していたのですが、その会場にもいらっしゃっていたとのこと。奇遇だ!

そして、Yaccoさんが来月企画している講演会には、山川亜希子さんと木村拓哉さんのお母様、木村まさ子さんが出演されるそうです。

山川亜希子さんと言うと、私が初めてスピリチュアルな世界に触れた作品↓↓

アウト・オン・ア・リム (角川文庫)

アウト・オン・ア・リム (角川文庫)

 

この作品をご夫妻で翻訳されて世に出された方。
一度お会いしたいなー、どんな方だろう?と常々思っていたのでした。

そして、山川夫妻が数多く翻訳された中でも非常に評価が高い↓

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

 

 この本を読もうとしていた時でもありました。
読み終えて、とても深い内容だったので、AmazonサイトからシェアしてFB投稿したところ、
Yaccoさんも↑の本をブログで紹介されていました。

またしても奇遇だ!!

Yaccoさんのブログに書かれているのは、そこから始まった不思議な出来事。
単なる偶然と思えばそこまで。でも、世の中に偶然など、ないと思う私です。
記事の中で「偶然」とか「奇遇」と書いてはいますが、全ては必然で起こるべくして起こる事なのだと。


初めてのLINE利用は初めての通話で、1時間以上も喋ってました。
時に涙にくれ、時に笑いが弾ける、楽しい1時間超え通話でした☆

さあ、4月20日!私達をつなげた?、山川亜希子さんに会える!
今度はどんなご縁が繋がるかしら?と、ちょっとワクワクしている私です♪

<追記>
その後、FaceBook上で↑↑の「引き寄せの教科書」の著者である奥平さんとお友達になる事が出来ました。
ご縁がまた繋がりました!!
しかも、この「引き寄せの教科書」の装丁を見て頂ければ解りますが、白と紫!
私の夢に象徴的な形で登場した色です。

どんどんつながっていきます!