読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かじかのつぶやき

絵を描き 写真を撮り 本を読み 猫と遊ぶ ときどきお仕事な日々。。。

今朝のできごと。

朝は5時ちょっと過ぎに起きて、朝ご飯の準備を済ませると、加トサンを起こして林道ウォーキングに出かけます。

ウォーキングって言ったって、山の坂道ですから、サッサッと格好よく歩く訳でもありません。
ダラダラ歩いて、平らな広い所でラジオ体操して帰って来るだけです。
それでも何となく続いてるから、習慣てのは一度身に着けば続けられるもんですね。

今日もそんな訳で歩いてきました。
冬が戻って来たかの様な寒い朝でした。
見れば、
林道から見える奥多摩の山々が白い!!


あれは・・・雪、ですよね(汗)
昨夜の雨が水たまりになっていましたが、凍ってました・・・
寒い訳だ・・・

林道を上り、見晴らしの良い場所まで来たところで、上方から降りてくる白いセダンが目に留まりました。
ご近所の車じゃないな。誰かしら?
何となくそんな風に思っていたら、そのセダンは私と加トサンの横で停まり、運転していた男性が降りてきました。

「おはようございます」
男性は60代後半から70代手前くらいな年齢。非常に丁寧で穏やかな印象。

「ここらは良いところですねえ。桜もとても素晴らしいですね」
にこにこしながら穏やかな口調で話される男性でした。

聞けば昨年、観光案内を見て一本桜の存在を知り、写真を撮りに来られたそうな。
あんまりキレイだったので、今年も写真を撮りたいと思い、5時に家を出て下見に来られたそうです。
どちらからいらしたのですか?と尋ねると、「T市です」との事。うわ!遠い・・・(@Д@;

そんな遠方からわざわざ来られるとは。
有名になったもんだよ一本桜。

がしかし、今年は悪天候と水不足がたたって、花つきが悪そうな予感。
今朝も木の下に立って、つぼみがどのくらいあるか枝先に目をこらしたけれど、どう見てもこれからつぼみが出来る訳もなく、花つきは(例年の)4割程度かもしれない・・・

残念だけど、その旨を伝えると男性は、
「確かめてきます。そしてキレイに咲いてくれるように、お祈りしてきますよ。色々ありがとうございました」と言い、一礼されて車に戻ると、下方に見える一本桜へと走り去って行きました。

f:id:nohohonkajika:20130323061917j:plain

(真ん中奥にある大木が一本桜です。これは3日前のもの)

まだ暗いうちに自宅を出て、けもの道同然の林道を抜け、ここまで辿り着くのは都会暮らしの人だと、かなりハードなドライブですよ。
そこに、一本桜への愛情を感じて、何だか申し訳ないような気持ちになりました。

せっかく来て頂いたのに、キレイに咲きそうもなくてごめんなさい。って。
別に住民には何の責もないのだけれど、住民以上にあの桜を愛でて下さる人に会って、そう思わざるを得ない心境になりました。

いつもは、桜目当てでやってくる人達をちょっと迷惑に思う事も多々ありました。
いつだったか、早朝の桜の写真を撮ろうと、一眼レフカメラを背負って桜の所まで歩いてきたら、いきなり上方から「邪魔だ!!どけ!!」と怒鳴られました。

見あげると、いつも私達がラジオ体操をしている広い場所に、三脚を立てた中年男性が立っています。
夜明けの一本桜は、薄青い山々を背景にして、その色と形がもっとも映える時です。
なので、5時前から見知らぬ車や人が沢山訪れています。
私はかちんと来たのですが、朝っぱらから喧嘩とかする気分でもないし、早々に立ち去りました。

また、林道と桜の間には私有地があり、それぞれの地主が耕している畑が連なっています。
桜目当ての人々は、平気でこの畑に入り、写真を撮るなどして足跡を沢山つけて行くのです。
それだけじゃありません。
桜の木の下でキャンバスと画材を広げ、絵を描いている人を毎年見かけます。
桜の下で絵を描く事自体は別に構いません。
一度、彼等が桜の根元に絵の具を何色もベッタリ塗りつけて帰った事がありました。
筆やパレットに残った絵の具を、木の根元部分で落としてからキレイに拭いているのだと思うのですが、最初にそれを見つけた時のショックというか怒りというか・・・もぉ言葉を失いました。

頭に血が昇った私、すぐに家に戻ると物置脇から一輪車とスコップを引っ張り出して、家の畑の隅っこから土を掘っては一輪車に乗せ、自分で動かせる限度量まで積むと、今度はそれを一本桜の所まで一輪車を押していき、スコップで根元を土で覆い隠しました。

そうしておけば、筆をキレイにするなどという非常識な行為は出来なくなりますから。

こうした事があると、有名になって欲しくない気持ちも募ります。
誰も来て欲しくない。誰にも存在を知られたくない。
出来れば、地元民だけで、この桜を愛でていたい。

ブログやツイッター、mixiFaceBookに写真を載せておいて、今更何言ってんだよお前、って感じですが(笑)
幸い、絵の具ベッタリ事件は1度だけでしたから、今は色んな場所で桜の画像を公開しています。
毎年喜んで頂けるので、早朝に写真を撮る張り合いもあります。

今年はどうなんだろうなあ・・・微妙です。
でも、満開を確認したら写真は載せようと思いますのでしばしお待ちを!