読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かじかのつぶやき

絵を描き 写真を撮り 本を読み 猫と遊ぶ ときどきお仕事な日々。。。

カエルに乗りたい

鶴ヶ島で買い物を終え、国道407号で信号待ちで停まったら、前の車がポルシェでした。

輝くような白いボディに、「911」の数字が見えました。

 

加トサン、テンション上がります。

「おおお!!ポルシェだあ!久々に見たな-。いいなあ。これ乗りたいなあ」

加トサン、子供の頃からポルシェが大好きだったそうです。

 

えー。ああいうのが格好いいのか?

私も子供時代にスーパーカーブームが来ていましたので(笑)、ポルシェのデザインは見た事がありましたが、私から見ると・・・

 

ポルシェ = 池から顔出してるカエル(目のとこだけ)

 

という印象が強くて、別段格好良い車とは思えないのであります。

(そう言えばもうそろそろ、家の池にモリアオガエルが婚活で集まるな・・・)

 

私「えー、アレ、格好いい?あたしゃカエルにしか見えんよ」

加「えー!カッコ良いじゃん!!オレああいうの好きだなー!」

私「カエル好きなんだ」

加「てか、カエルじゃないしw」

 

私「宝くじが当たったら、ポルシェ買っちゃうの?」

加「とーぜんでしょう!!(鼻息荒い)」

私「ええええ。アレに乗ってスーパーとか行くのやだよ」

加「いいじゃん!!アレはスーパーカーだよっ!」

私「それ、スーパーの意味が違うし」

加「ちーちゃん、格好良いよ!ポルシェに乗って納豆買いに行くの!!」

 

信号は青になり、車はゆっくりと走り出しました。

日曜日の午後という事もあってか、少し渋滞しています。

前方を40km台で走るポルシェの後部を眺めながら、バカ話は続きます。

 

私「ええええ。アレって車高低いけど車幅があるじゃん!丸広(まるひろ・東飯能にある百貨店です)の地下の駐車場とか、アレじゃ入れ難いよ」

加「ダイジョブ、車庫入れは慣れ!!2,3回乗ればダイジョブだって」

私「いい。アタシは黄色いナンバープレートの車で充分です。(前方を指さしながら)大体、この車で納豆買いに行くのヤダ!エンジン音がうるさいだろうし。ボボボボ、ボボボボ言わせてるのはヤンキーで充分じゃ」

 

加「あの音が良いじゃーん」

私「それに(前を見ながら)後ろが狭いよ。後ろに荷物が積めるのかね?」

加「ああ、ポルシェは後ろにエンジンが載ってるから、荷物は前に乗せられるんじゃないかね」

私「えーっ!マミーマートの駐車場とかでボンネット開けて大根とかしまうの?格好わりいい!!肉とか鮭なんか熱くなっちゃうよ!」

 

加「(私の答えがいちいち可笑しくて泣いてる)氷、氷もらってくればいいじゃん(笑)(笑)」

私「ダメだって!絶対溶ける!クーラーボックスが入るくらいじゃなきゃ却下!」

加「えー、乗ろうよポルシェ-」

私「やだね。だって、あれはカエルだもん」

そして会話はふりだしに戻る。。。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆

 

バカな会話を思い出して書いてたら、もう1つ思い出しました。

私が中学生の時、旧丸広百貨店飯能店(飯能駅前にあった古いビルでした)の屋上にランボルギーニカウンタックが展示されると言うイベントがありました。

 

折しも世間はスーパーカーブーム。

教室では毎日、男子の会話から「カウンタック」「フェラーリ」「ロータス」「デ・トマソなんちゃら」という単語が聞こえて来ない日はありませんでした。

みんな消しゴムとか持ってたな(笑)←中学生でだよw

 

女子はそんな男子を「バカじゃねーの」的視線で眺めていたものでしたが、

本物のカウンタックが飯能に来るってんで、同級生女子が、

「あいつらきっと皆行くんだろうね。どんなもんか覗いてこようか?」

って誘ってきたので、ホイホイとついて行ったバカな私です(笑)

 

丸広百貨店屋上に「降臨」したランボルギーニカウンタックは、きれいなスカイブルーで想像よりも小さく見えました。(車高が低いからそう思ったんでしょうね)

数百円払うと、カウンタックをバックに写真が撮れる?とか言うサービスに群がる男子を横目で見ながら、数分でその場を後にしました。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆

 

まだ宝くじを買ってもいないのに、もうポルシェを買う気になってる加トサンと、カエルはイヤだとごねる私のバカな会話はその後も続き、私達は日高方面へと右に曲がり、白いポルシェ911は、夕闇迫る国道407号を入間市方面に向けて悠然と走り去っていったのでした・・・