読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かじかのつぶやき

絵を描き 写真を撮り 本を読み 猫と遊ぶ ときどきお仕事な日々。。。

10日後

気がつけば、雪ネタしか書いてない今日この頃・・・(・_・;)

という訳で今日も雪ネタです。あしからず。
大雪から10日経ちました。
家の前も裏も、残雪はまだまだ沢山残っています。
溶ける→凍る、を繰り返して、雪というより氷に近い物体です。
歩く場所の雪かきは出来ているので、このまま溶ける日を待つ状態。

f:id:nohohonkajika:20140224061048j:plain

f:id:nohohonkajika:20140224065011j:plain

f:id:nohohonkajika:20140224065053j:plain
屋根の雪も、棒などでつついて大分落としたのですが、まだまだ50cm前後の厚みがあり、段々に前にせり出して落ちてくるでしょう。

f:id:nohohonkajika:20140224061239j:plain
腰の高さまであった林道の雪も、道の端に残るだけとなりました。

f:id:nohohonkajika:20140224061351j:plain
日中、少しずつ溶けて道に流れ出した水が、朝には凍ってツルツルです。

f:id:nohohonkajika:20140224061856j:plain
春には沢山の見物客を呼ぶ一本桜と、その前を通る林道。
満開の頃には、この白い固まりも本当にあとかたもなく消えてなくなるのでしょうか。
あの大雪が嘘の様に、爛漫の春が来るのでしょうか。
ふと、そんなたわいもない事を考えてしまいます。
そのくらい、強烈でした。

f:id:nohohonkajika:20140224061410j:plain
桜咲く季節が待ち遠しい限りです。

明日25日火曜日から、関東では一気に春モードの気候になるとの予報。
火曜日なのか。

2月3日月曜日が最高気温18度と、芽が出て花が咲きそうな陽気だったのに、
翌4日火曜日には、気温が20度近く下がって20cmを超える雪。
そこから今日まで、誰もが想像も出来なかった展開。

立春寒波はきっちり3週間、関東を覆い尽くして人々を翻弄して去っていくのか。

何か、「意思」の様なものを感じます。
などと書くと「ほらまたそんな事をw」とか言われそうですが(笑)

来週はもう3月。何があっても季節は巡る。
誰の頭上にも春はやってくる。
雪と同じように陽光は降り注ぐ。

あと少し、がんばろう。