読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かじかのつぶやき

絵を描き 写真を撮り 本を読み 猫と遊ぶ ときどきお仕事な日々。。。

巻き肩治しの旅。

酷い肩こりです。
肩こり歴は・・・多分30年以上になると思います。
色んな整体院に通いました。
どこへ行っても「よくこれで毎日辛くないですね」とか「ヤバイですよこの肩・・・」「相当な凝り性ですね」「どんなお仕事されているんですか」
と言われます。

いや、何も特別な職業じゃありません。
椅子に座ってキーボードを(時には電卓も)叩き、手書き文書も作成したり、あらゆる書類にハンコ押したり・・・という仕事です。

それでどうしてここまで肩がこるんでしょうか?・・とも言われました。
それは多分、私の姿勢が悪いからです。猫背だからです。
でも、ただの猫背じゃないのです。肩が身体の前側に「内巻き」になっている「巻き肩」なのです。

巻き肩の自覚症状は中学1年の時からありました。
文学少女は猫背なのでありましたww)

ある日の体育の授業の時、体操着に着替えて校庭に出た私の背後から、同級生の女子がいきなり私の両肩をつかみました。そして、
「チーコ姿勢が悪すぎ!」と言って、私の両肩を後ろにググッと引き寄せたのでした。
「わわっ・・・!」驚いたのと同時に、肩を後ろに反らすとちょっとラクな感じがしたのです。

そうか。私の肩は前に巻いてるんだな。
あまり嬉しくもない発見でしたが、そういう体質で治らないものなんだと半ば諦めてきました。
そして、気がついた時には、後ろで組んだ手をぐーっと伸ばすなどして、これ以上肩が巻いて?しまわないようにする以外は、巻き肩対策などして来ませんでした。

そしたら、こんな本があるんですね! 

自分でできる 巻き肩改善ケア (東京カレンダーMOOKS)

自分でできる 巻き肩改善ケア (東京カレンダーMOOKS)

 

 おお!!!!コレは「買い」ですがな!!!!

早速昨日、書店にて入手!!
パラパラっと読んでみると、巻き肩は身体の不調の様々な要因になっているそうで、これはなんとかしないとまずいじゃないか(・_・;)

久しぶりに書店の健康雑誌コーナーに行き、くまなく見ていると色んな健康法があるんですね。
なんですか「あべこべ体操」って(笑)
色んな健康法が出て来ては消える。
カリスマ医師が提唱する健康法や理論など、いかにもコレこそ真の健康法!!的なキャッチコピーで並んでいますが、1年後も大人気でいられるのは誰と誰かねえ?(笑)

コスメと健康法は短命ですね。皮肉じゃないけど。
ダイエット法なんてまー、一体どんだけ出回ってるんだか(笑)
それを言ったら、↑の私が買った本だって短命なのかもしれないが・・・(´・ω・`)

で、あれこれ物色していて、ふと目に入った本がコチラ↓↓ 

はじめてのフェルデンクライス (地球丸からだブックス)

はじめてのフェルデンクライス (地球丸からだブックス)

 

 フェ、フェルデン・・・?
ベルばらにそんな名前の登場人物がいませんでしたっけ(違いますって)。

初めて知りましたが、数年前から関連書籍はいくつか販売されてる様子。
↑の本をパラパラッと読んでみて、何となく気になったのでこれも合わせて購入。

いくつも持病を抱えていると、健康の有り難さが身にしみます。
長生き願望は特にないけれど、出来れば加トサンよりは30分でもいいから長生きしたいと思っています。
私が先に逝くと、加トサンは多分ヨレヨレの落ち武者みたいになって(笑)どこかでひっそり孤独死するかもしれんからww
花のシングルライフ☆スタートじゃ♪とか言って元気に独り身生活を謳歌してくれるのなら安心だけど(笑)

とりあえずは巻き肩の改善をしてみます。
それが上手く言ったら、そうだなあ、ヨガなんかもやってみようかなー。
・・・などと妄想する今日この頃なのだw