読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かじかのつぶやき

絵を描き 写真を撮り 本を読み 猫と遊ぶ ときどきお仕事な日々。。。

ナゴヤの味?

メディアでたまに、名古屋の味に関する特集を見かけます。
餡をトーストにつけるとか味噌カツとかきしめんとか、ええと、手羽先、だっけ?・・など、あまり埼玉では馴染みがないメニューなので、いつか名古屋に行く事があったら食べてみたいなぁと、何となくですが思っていました。

そんな時、住処からさほど遠くない場所に「コメダ珈琲」がOPENしていた事を知りました。
まぁすごい!!
コメダと言ったら、よく話題になるのが、シロノワールとか言う、冷たくて甘くて大きな・・・パン、で良いんでしょうか?ケーキでしょうか?


ネットではよく見かけるけれど、実物はどんなだろう?
いや、アレは多分食べきれない。注文しちゃいかん気がする・・・

でもとりあえず行ってみる!!ってんで、

f:id:nohohonkajika:20131016170106j:plain

 

行ってみたぜ鶴ヶ島っ!!!

f:id:nohohonkajika:20131016170104j:plain

おお、なかなかステキな佇まい・・・かも。
というか、こういう雰囲気の喫茶店て、地元近辺ではとても少ない。
ファミレスの様なカフェって言うと、この場所から近い所にパンケーキがヒットしてる星乃さんがありますが、あそこはほぼファミレスだよねえ(と独り言)。

まずはブレンド珈琲をオーダー。すると・・・

f:id:nohohonkajika:20130915120407j:plain

 え!でん六豆がついてくるのっ?!これがデフォルト?!

普段から喫茶店と言うとスタバとかドトール系ばかりなので、こうしたサービスはとても新鮮。
関東のカフェも、でん六豆・・・いや、ちょっとしたおやつ付きなのかな??w

味噌カツサンドもありましたが、味噌カツそのものが未体験なので、普通にサンドウィッチを所望いたしました。
がしかし。。。

f:id:nohohonkajika:20131016170105j:plain

 

エッグトースト、デカイ!!!Σ( ̄ロ ̄lll)
美味しいです。美味しいですけど・・・しばらく卵は食べる気がしなくなる・・・と思うほどの量。
2/3食べて、残りは加トサンにあげました。
そして、加トサンが「来た以上は食べねばならん!!」と妙な意気込みで注文してたのが、

f:id:nohohonkajika:20130915123628j:plain

シロノワール・・・Σ(O_O;)
関東にはミニサイズ版しか「進出」してないと聞いていましたが、レギュラーサイズですよねコレ。

 

うーわー(@▲@;;;) 無理だ・・・

加トサンの辞書には「食べきれない」の文字はない。。
私が1割頂き、残り9割は加トサンの胃袋に収まったとさ。

東海方面の人が大食いで関東の人が小食だなんて事は決して思ってはいないのですが、それにしても量的にはサービス満点だ・・・
味は、温めた甘いデニッシュパンの上に、冷たいソフトクリームが乗っている。
・・・と書けば、大体のお味は想像出来るのではないかと思います。

大きさは・・・デニッシュパンの直径はどのくらいあるでしょうね?20cmくらいありそうな感じでした。
ミニサイズでも、女性だと完食はかなり大変じゃないかと思います。

ソフトクリームの傍らにちょこんと乗っている缶詰のチェリーがアクセントです。
久々に見ましたね、ピンク色のサクランボ(笑)
昔はサクランボと言えば、コレでした。今では生のサクランボが普通にスーパーで買えますが、私が子供の頃は、缶詰のものがメインだった気がします。

パフェやアイスクリーム、プリンなど、生クリームが添えられたデザートには必ずちょこんと乗っかってました。
子供の頃、私はこのサクランボが嫌いでした。種があるし、不器用でキレイに食べられなかったので。
今、久々に見ると、サンドウィッチのパセリもそうですが、このサクランボも色のアクセントだったのですね。
濃いピンクがデザートの黄色や白を引き立ててくれていた訳です。

以上が、コメダ初体験記です(笑)

そして先週、二度目のコメダ。
今回、加トサンが「たっぷりアイスコーヒー」というのをオーダーしました。
注文するときに、ウェイトレスの女性が、
「アイスコーヒーは初めから甘いのですがよろしいですか?」と聞いてきました。

え!コメダのアイスコーヒーって最初っから甘いんだ!
甘党の加トサンは、無論OK.

f:id:nohohonkajika:20131016170108j:plain

デカ!!!!
そして、甘!!!!

甘みをつける事で珈琲の味を引き出しているそうです。なるほど-。
私が注文したのは普通のブレンド珈琲でしたが、こちらはブラックでした。

f:id:nohohonkajika:20131016170110j:plain


最初に訪れた時はお昼どきにもかかわらず空いていました。
ところが、二度目は空席待ちの人の列が出来ていました。
3連休の最終日だったからかな。

コメダの他にも、讃岐うどんの「丸亀製麺」やお好み焼きの「道とん堀」、スーパーに行けば北は北海道・南は九州など各地の物産展を頻繁に開催しているし、都内まで行くと他県のアンテナショップで名産品がすぐ手に入る。
住んでいる地域に居ながらにして遠方の名物が食べられ買える事は、よく考えればとても幸せな事ですね。

でも、やはり本物の「味」はその発祥地でないと味わえないでしょうね。
味噌カツにしても讃岐うどんにしても。

いつか機会があれば、本場の味を堪能しに行きたいと思います。
その日まで頑張って働くさ(笑)