読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かじかのつぶやき

絵を描き 写真を撮り 本を読み 猫と遊ぶ ときどきお仕事な日々。。。

寂しい朝。。

大好きだった朝ドラが3月30日に最終回を迎えてしまいました。
とっても寂しい。

嵐の様な批判と賛同が入り混じったこの作品は、確実に忘れられないTVドラマになりました。
朝からスゴイ濃い話でしたもんね(笑)
ドン引きだった部分も多々ありましたしね。普通こんな事言わないってば、みたいな、ね。
安心して眺めていられない。
あり得ないほどの不幸が常にヒロイン夫婦に襲いかかり、終盤にはついにヒロイン最愛の夫までもが哀しい運命に弄ばれる。
あまりの展開に、朝が来ると常に鬱状態w。
見るだけでもぉ辛い辛い。ヒロイン夫婦が可哀想で可哀想で。
泣けてくるのと脚本家への怒りで、心は常に嵐が渦巻いてる。

それでも見続けたのは、ひとえに登場人物を演じた役者さん達の頑張りと、トンデモ脚本の下、悩み苦しみながらも映像化し続けたであろう?、スタッフさん達への心からの敬意と愛情があったからです。

本当に、濃い作品でした。
時には脚本家に殺意さえ芽生え、見るのを放棄しようと思った事もありましたが、終わってしまうと気が抜けてしまって、もう毎朝彼等に会えないんだなって思うだけで寂しさ満載。
これを「純愛ロス症候群」と呼ぶそうですwwww
ツイッターにタグがあり、検索すると出るわ出るわ(笑)私と同じように腑抜けになってる人が多くて安心しました(笑)(笑)

深夜11時には朝ドラの再放送があるんですが、今でも11時になると「あ、見なきゃ!」って思い、居間へ行こうと立ち上がる。
が、次の瞬間には「あ、終わったんだっけ・・・」と思ってまた座り込む。
毎朝毎夜、そんな寂しさを抱えて暮らしていますよ-。

月曜日からNHK東京が制作した新しい朝ドラが始まりました。
人気脚本家が起用され、朝から独特のコメディ路線で、高視聴率と高い評価を得ています。
確かにすごく面白いんだけど、何か違う。
いかにも万人受けする物語だから?いや、万人受けする物語で充分なんだけど。なんだろう。

ああ。そうか。
パワーの差だ。2話を見た時に気付きました。

前作は先が読めないビックリ展開が多かったので、緊張感を伴いながらの視聴でした。
この2人はこれからどうなるんだろう・・・・という不安と、彼等を応援する気持ちで、常に前のめりで画面を見つめていました。
とにかく、カロリー消費が激しいドラマだったのですね。(実際には消費してないけどww)

今回の朝ドラは安心して見ていられる。逆に言えば、そんなにのめり込む必要もない。
なので、パワーを持てあましてるんでしょう(笑)
すごく面白いのに、何かこう・・・不完全燃焼的な(笑)ものを、胸の奥に感じてる。
つまらない訳じゃないんです。本当に面白い。でも、この半年間、肩とお腹に力を入れて見守ってきたせいで、その緩さに身体が慣れてないんです(笑)

見方を変え、心から新朝ドラを楽しめる様になった時こそ、純愛ロスから復活した事になるんでしょうね。
今は未だ、そこまで到達していません。

もうしばらく、行き場の無い「視聴パワーw」を胸に抱えてアンバランスなまま、画面を見続ける事になるのでしょう。

楽しめるようになれたら、ラクだろうな。
でも。
やっぱり、純ちゃんと愛くんに、もう一度、もう一度、逢いたいよ(涙)

続編を見たいけれど、同じ脚本家さんだったらNO。
これ以上、彼等に不幸を突き落とすようなシナリオを書かれるようでは共感を持てません。

でも脚本家交替とか、あり得ないだろうし。
もうね、AmazonのDVD-BOXをポチりそうです(笑)
逢いたくてね。。。