読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かじかのつぶやき

絵を描き 写真を撮り 本を読み 猫と遊ぶ ときどきお仕事な日々。。。

てがみを書こう。

朝ドラは平日毎日放映してます。毎日毎日楽しみで楽しみで♪♪
あと4週間足らずで終わってしまうのがとても残念!

毎日の様にOP曲を聴いていると、すっかり耳に馴染んでしまいます。
その曲「いちばん近くに」を歌うのは、沖縄出身のHY。
私は知らなかったのですが、沖縄ではもう随分前から人気絶大で、2010年の紅白歌合戦にも出場なさっているそうな。

すんません、埼玉生まれ埼玉育ち埼玉暮らしな私はまったく受信出来ませんでしたw
遅ればせながら、TSUTAYAでCDを借りて(買わないのかよw)きました。
その中でも好きな曲はコレ↓↓↓

HY てがみ PV

シンプルな恋の歌です。
メールで全部済ませてしまう現代で、てがみを使って気持ちを伝え合う。
終わってしまった恋だけど、またいつか逢えたなら、その時はお互いにとって理想の人でありたい。
少しだけ胸がチクッと痛む人はいるだろうな(笑)

手紙かぁ。。。
私が手紙を書く相手は100%、女性の友人知人ですね。
男性に手紙を書いた事もありますが、それは100%、友人です(笑)
しかも元同級生とか、ありふれた縁で繋がった人とのありふれた業務連絡程度の内容でw

それも何だか寂しい話だ(笑)
文字を書くって作業は好きです。
絵も、もちろんですが、言葉をペンで綴る行為は、キーボードでは伝わりきれない思いまで込められる。
一文字一文字、心を込めて書く事は「浄化」にも繋がるような気がします。
書く事で気持ちがスッキリし、軽くなる事がありますから。

そういう意味で言うと、メールは軽いかなぁ。
その軽さの良さもありますけどね。

先週、かつて一緒に絵を描いていた80代の女性からお葉書を頂きました。
裏面から始まって、書ききれずに表面にまで繋がる長い文章が、細かい文字で丁寧に認められていました。

私と同じ甲状腺の病気を患い、50年に渡って私と同じ薬を服用していらっしゃいます。
すごいなぁと敬服する一方で、私もまた80歳代になってもあの薬を飲み続けるのだな・・・と思い、少しだけ萎えました。

お返事を書くのに、どの便せんを使おうか。
去年の暮れに浅草で買った和紙の便せんと封筒がある。それにしよう。
ペンは万年筆か、水性ボールペンか。
書き味と紙の相性を見て決めよう。

同じ持病の経過報告や、絵の事を書こう。

・・・などと、書く前に「何を書こうかな」って色々と考えを巡らすのが楽しい。
あんまりくだけ過ぎてもいけないから、文体も考えて。

20年ほど前、皇太子妃雅子さまの直筆のお手紙がテレビで公開され、その文字の美しさに魅せられました。
誕生日もとても近いので、勝手に親近感を持っていた私は一念発起してペン字を習い始めました。
そして、1年後には悪筆・くせ字を克服したのでありますよ!!

おかげで、手紙を書く事が大好きになりました。
また、沢山書くので、文字の練習にもなりました。

好きな事はいろんな事と連動し、関連づけて楽しむとドンドン上達して行きますね。
会社での手書き仕事も苦にならなくなったし。

最近は手紙書きもずっとサボっています。
どうしてもメールがメインになっちゃう。
でも、やっぱり手書きはいいです。
また色々書きたいな、と思い始めています。