読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かじかのつぶやき

絵を描き 写真を撮り 本を読み 猫と遊ぶ ときどきお仕事な日々。。。

花粉来てますの?

日々の事 健康の事

3月です。
元旦来たの、ついこないだですよね。
もう2ヶ月経ってしまったとか。
早い、早過ぎる・・・十万石(以下略


そして、今年も来ましたね。
・・・てか、来た、らしいですね。

花粉。

実はまだ自覚症状がありません。
花粉症の人の横で、マスクなしで深呼吸などしてしまう嫌なヤツです(笑)

10数年前から、スギ花粉よりもヒノキ花粉により強くアレルギー反応が出るようになりました。
なので、スギ花粉が飛散する2月中旬~3月下旬頃は比較的症状が軽いのです。

その代わり、
スギ花粉アレルギーの人が段々症状が軽くなる頃に一気に症状が重くなる。
ヒノキ花粉の飛散時期は、地元だと3月下旬から5月の連休頃まで。
期間も長くてゴールデンウィーク辺りでもまだスッキリしません。

みんなが鼻声でもなければマスクもしなくなった頃に、私は目を真っ赤にして鼻声でくしゃみ連発になる訳で、それは端から見ると、
「流行遅れww」
と映るらしく、友人からは
「まだ治らないの?」言われて笑わる事もありました(涙)

それでも最近はスギ・ヒノキ両方のアレルギーの人が多いので、「今頃おせーよ」と言われなくなりましたからいいんですけどねw

中学の頃、風邪によく似た症状と言う事で、花粉かぜと呼ばれていた事もありました。
四方を杉山に囲まれた田舎で育った私には、杉の花粉で何故風邪みたいになるんだろう?と、不思議に思っていましたね。

その私が発症したのはいつ頃だったでしょうか。
思い返すと、高校を卒業する年の春だったと思います。
それまでは、花粉症なんて無縁な日々でした。「花粉症?ナニソレおいしいの?」状態(笑)

その年は前年の夏がとても暑かったせいで、花粉の量も平年以上だったそうです。
今はテレビやネットで普通に花粉の飛散量の情報を流していますが、当時はそういうお知らせなど何もなく、ある日突然!といった感じで発症しました。

私は、卒業式までの長い春休みを使って自動車免許を取得する為に教習所に通っていたのですが、毎日まいにち鼻づまりとくしゃみ、痒み目で本当に大変でした。
教習の合間に耳鼻咽喉科にも通い、点鼻薬と飲み薬を服用しながらの教習でしたから、眠くならないように飲む時間を考えたりで悩ましい毎日でした。

でもまぁ何とか免許も取れました。
運動音痴でにぶい私でも、頑張れば何とかなるもんだって思ったものです。

発症当時、4月からお茶の水まで通学するようになりましたが、相変わらずくしゃみと鼻水は止まりません。
が、地元では酷い症状も、東京まで出てくると嘘の様に症状が消えていました。
さすがに東京まで花粉なんか飛んで来ないだろうからなあ、と思ってました。

それが今では正反対です。
地元にいる時より、都内にいる方が症状が重い。
気のせいかもしれないけれど、地元と都内では、都内の方が花粉症のせいでマスクを着けている人が多い様に見える。

東京に住む友人によれば、
「東京の花粉は、遠くの山から風に乗ってここまで来るから、その間に排気ガスとか色んな汚れを身につけてるんで、アレルギーが強く出ちゃうのよ。あなたのお家は周りが杉山だそうだけど、それはきっと100%ピュアな杉花粉だから、症状もマイルドなんでしょうね

えっ・・・・ピュアマイルドですか!(@_@;)ヘルシーな響きですね(笑)

ホントかどうか知りませんが、
電車やバスに乗っている花粉症患者とおぼしきマスク姿の人々を見ると、
確かに都会の方が症状が重そうな人が多いかもしれない。
涙目で鼻声。時々くしゃみ。
・・・東京の空気は「いろいろなもの」が含まれていそうです・・・(汗)

今年の冬は雪こそそれほど多くなかったけれど、低温っぷりは半端なかったです。

それでもサクラ開花は例年通りとか。
その頃には、私も多分、
くしゃみ鼻水頭痛に微熱という、最悪な体調でいるかもしれません。