読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かじかのつぶやき

絵を描き 写真を撮り 本を読み 猫と遊ぶ ときどきお仕事な日々。。。

骨・・・ですか?

暮れに、橋本病のお薬と貧血改善の鉄剤を40日分処方されました。

それもあと2日分で終わるところまで来ました。
年末年始なんて、あっと言う間の出来事ですね。

お薬をもらうだけじゃなく、診察も受けました。
実はちょっと気がかりな事があったので。

甲状腺機能低下症の場合に飲むチラーヂンの効果で、首の腫れはどんどん収まってきました。
たまにノドをさすると、盛り上がっていたのが嘘の様にぺったりしています。
ところが、
首の右側にしこりがあることを発見しました。


なんだろう・・・?

これまでの甲状腺の腫れとは明らかに異質なモノです。
橋本病の腫れは、首の前面がボウッとした感じに腫れてきます。
小さいおまんじゅうがノドに詰まるとこんな感じ(んな訳ないってwww)って言うか。

でも、そのしこりは違う。
固い。
空豆くらいの大きさで、コリコリした触感。
なんだろう・・・・なんだろう?

ガンかな?

ガンのしこりって、固いんじゃなかったっけ?
よく調べもせずに、脳裏には「悪性」の二文字が点滅しています。

仮にガンだとしても、甲状腺の腫瘍は進行がとても遅いし予後も良いらしい。
だからそんなに心配しなくてもいいのかな。。。

通院が多い私ですが、本来、とても医者嫌い。
よっぽど崖っぷちまで来ないと検査などしない。
それが一番イケナイと判っていても。病院は嫌い。
優しいナースやドクターが沢山いると判っていても、病院は嫌い。

なので、今回の受診でも、しこりの事を言おうか言うまいか散々悩みました。
言ってガンだったら怖いし、言わずに手遅れになるのも怖いし。
でも、触診するんだから絶対バレ・・・じゃない判るよね。

そんな事を待合室のドアの横まで来てもまだ考えてる私。
名前を呼ばれ、経過を報告。そして触診。

「あ、固いですね。結節があるようです」

結節?あ、甲状腺結節ってのかな?
これは殆どが良性で女性の15人に1人の割合で発生するとか。

秋の超音波診断で「悪いおできはありませんでしたね」と言った先生。
おでき・・・半年足らずで、おできは出来ないだろうな・・・

緊張してノドがゴクリと動きました。

「あ!」という顔をする先生。「え?」

「これは骨だね」

「へ?」

「今、唾を飲んだら動きましたよ。動くのは、骨ですよ。大丈夫ですね」

「ほ、ほね?」

脳内に頭蓋骨と頸椎の形状を思い浮かべてみました。
理科室のガイコツの首って、どうなってたっけ。。。?

骨はもっと後側にあるよな・・・って事は・・・甲状軟骨かな?

そういう事はドクターにもっと聞きなさい!と言われそうですが、

なにせ医者嫌いなので(;´д`)

でもまー、悪性じゃなかったって事でヨシとします。

来月はまた血液検査と超音波検査です。
その時にもっとキチンと診てもらいましょう・・・