読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かじかのつぶやき

絵を描き 写真を撮り 本を読み 猫と遊ぶ ときどきお仕事な日々。。。

居場所をさがして。

映画やTVの事

 

土曜日に、
レイトショーで「映画 鈴木先生」を鑑賞してきました。

これは2011年にテレビ東京系で放映されたドラマの続編ですが、放映当時の平均視聴率は2%とふるわず、 私もまったく知らないままでした。

放映終了後、その評価はドンドン高まり、数々の賞を総なめにし、まさかの劇場映画化決定!
ある意味とても奇跡的な出来事でした。

私がどうやってこの映画の存在を知ったのかと言えば、朝ドラでした(笑)

連続テレビ小説 純と愛 Part2 (NHKドラマ・ガイド)

連続テレビ小説 純と愛 Part2 (NHKドラマ・ガイド)



今、NHKの朝ドラは大阪局制作の「純と愛」を放映中ですが、私はすっかりハマってしまい、毎朝7時半からBSで一足早く観てから出勤していますw

これまで、評価が高くて視聴率も良かった朝ドラは数多くありますが、それら全てがどこかに吹き飛んでしまうくらい、この作品にはのめり込んでいます。
それはひとえに、
今までの朝ドラでは考えられなかったようなキーワードが満載だから(笑)
朝から「不倫」とか「浮気」とか「借金」に「家出」に「家庭崩壊」って、深夜ドラマかよお前?!w

登場人物も、変人揃いで善人なんて出て来ないくらいだしw

母は早くから挫折しました。
「物語が全然わからないし、ヒロインが大嫌い」と言ってます。

確かに、ヒロインの純(夏菜)はこれまでの朝ドラヒロインには居なかったようなキャラです。
そして、その相手役の愛(いとし)(風間俊介)は、人の本性が見えてしまう特殊能力を持った、一見ブキミな青年。
朝ドラヒロイン相手役と言えば、背が高いさわやか男子と相場が決まっていたのに(笑)
なので、ドラマの評価は真っ二つです。賛否両論が渦巻いていますw

その、愛君が、これまたすごく重要な役どころで、純と結婚し、妻を全身全霊で支え続ける。
その難しいキャラクターを、風間俊介君は卓抜した演技力で見事に演じています。
私はすっかり風間君のファンになってしまいました(*´-`*)

その風間君の映画出演作品の一つに、「映画 鈴木先生」があったのでした。

エンタメ情報誌でその作品を知り、色々調べると「鈴木先生」はかなり特異な作品である事も判りました。
まずは観てみましょう、ってんで、TSUTAYAでTVシリーズのDVDを借りて来ました。

なんと・・・お、面白すぐるwww
異性交遊の低年齢化を扱ってみたり、給食の酢豚の存続が問題になったり、避妊がどうとか・・・うわー(笑)

ある意味タブーでもあることに、真正面から切り込んでいく。これはすごい。。

鈴木先生の妄想癖もすごいです(笑)担任である2年A組の小川蘇美によからぬ妄想を抱いてしまう事もしばしばw

一学期のクラス編成が、先生の独断と偏見で自由に組み替えられていくさまにもオドロキw
でも、アダルトな内容に偏重する訳でもなく、真摯に向き合い、起きた問題は解かれていく。

これはもう映画は観ないとね!
風間君は、「映画 鈴木先生」の中で、ドロップアウトしてしまった卒業生役で出演する事になっていました。
しかも人質を盾に立てこもり事件を起こすそうな。
どんな展開だろう?観たい観たい。

ってな訳で、土曜日のシネプレックスわかばにて鑑賞してきたのでございます。

風間君は圧巻の演技力でした。やっぱり彼はすごい。ジャニタレとは思えんがな(笑)

物語もよく出来ていたと思います。
風間君はもちろんですが、鈴木先生を演じる長谷川博己も大熱演でした。
そして、厳しいオーディションを勝ち残った、2年A組の生徒達を演じる子供たちの演技も素晴らしい!
特に、生徒会長に立候補した出水正役の北村匠海くんは将来が楽しみです。

先生方もいいです(笑)
喫煙室でのやりとりは、TVシリーズの時もそうでしたが結構笑えますw

映画の続編は無さそうですが、もし制作されたとしたらやっぱりそれは嬉しいかも。

この映画を観てみようと思った方は、この作品はTVシリーズの続編という形になっているので、TVシリーズを全く知らないで映画から先に観てしまうのは、面白さが半減だと思うので、映画の前にまずはTV版を観て欲しいですね。

リアル中学世代はもちろん、親・祖父母世代もぜひぜひ☆☆☆☆☆