読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かじかのつぶやき

絵を描き 写真を撮り 本を読み 猫と遊ぶ ときどきお仕事な日々。。。

私に描けるだろうか・・?

昔からよく言われるのですが、
「日本画が向いてるんじゃないの?」

私はチマチマコソコソと、キッチリバッチリ描写な描き方をするので、日本画の方が性格的に向いてると。

うーん。
ホントかなー(´Д`;)

私は日本画には本当に疎いのです。
自分が手の届く範囲のジャンルでしか絵を描かないし、古今東西の有名アーティストの作品自体、あんまりよく知らない。
もっと沢山の絵画について勉強し、実物のすばらしさを実感するために美術館にも通った方がいいのでしょうが、あんまりそういう事はしないです。
とくに理由はありませんが、まぁ、強いて言うならば、
有名な芸術家とその作品は、誰でも知ってるしどんだけスゴイかも解ってる。
それはそれ。私は私。それに私は外部からの影響に弱いタイプですぐに感化されるから「自分の描きたいもの・描くべきもの」が見えなくなってしまう恐れもあるから。


小学校3年の時、初めてルノアールの「ピアノに寄る娘たち」を雑誌のカラー記事で見て、油彩画の美しさと絵のすばらしさに感動し、もうちょっと大きくなったら絶対油絵を描こう!大人になったら画家さんになろう!と決めていました。


その後、私は油彩以外の分野にも足を踏み入れ(笑)カオスと化したアートの世界で溺れ、窒息しかけたところで違う分野(図面を引くということ)に人生を見いだしつつ、再びアートに目を向けて20数年・・・

色んな場所に首を突っ込み、抜けなくなったり撤退したりの繰り返し。


それでも、日本画には全く手をつけてきませんでした。
なにしろ、画材の知識などまるでなし。
どんな絵の具で、どんな筆で、どんな物に描き出すのかも全く知らない。
知っていると言えば、
美大では、洋画科よりも日本画科の方が厳しいらしい、という話。
日本画と言えば、
絵の教室に向かう途中に山種美術館があります。
国内の優れた日本画が所蔵されており、展覧会に架けられる作品の多くは非常にハイレベル。
まだ一度も閲覧した事はないのですが、今度のぞいてみようかと思っています。

日本画かぁ・・・
私なんかに描けるんだろうか?